補聴器を自分専用のテレビスピーカー、オーディオスピーカーにする方法

リビングのテレビ

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2020年12月23日 by 補聴器専門店ミラックス

補聴器を自分専用のテレビスピーカー、オーディオスピーカーにする方法

聞こえのグレードアップ

補聴器が自分専用のテレビスピーカーに早変わり!

離れていても聞こえは0m!

補聴器をしているのに聞き取りにくい!でもテレビのボリュームは小さいままでハッキリ聞き取りたい。散歩など屋外でパートナーとの会話を楽しみたい。会議や会合で聞き逃しを無くしたい。そんな悩みはありませんか?

デジタル機器が普及した平成

1995年から1996年にかけて世の中は大きく前進しました。ウィンドウズ95が大ヒットし、家庭にパソコンが普及、それに伴い有線デジタル回線のISDNがサービス開始、インターネットの世界が広がりました。

時を同じくして多くのデジタル機器が普及しました。デジカメ、デジタルビデオカメラ、DVD、PHS(携帯電話)などのデジタル機器はこの時期に発売され大ヒットしています。あれから25年、すさまじい速度でテクノロジーは進化を続けています。

1995年、デジカメが普及するきっかけとなったのがカシオの「QV-10」という商品で、安価で液晶画面付きなのがうけて大ヒットとなります。このデジカメの画素数は約20万画素でした。2020年現在に同程度の価格帯のものを選ぶと、画素数は約2000万画素で100倍の性能アップとなっています。(高価格帯のものは、なんと1億画素以上!)

補聴器の世界も例外ではなく、1996年頃に耳掛け型のフルデジタル補聴器が発売されました。現在は、マイクロチップの性能が向上したおかげで、より高速な演算処理のもと、細かな音声分析と正確な周波数調整を可能にし、より良い聞こえを実現させています。

補聴器だけでは超えられない壁がある

とはいうものの、まだ問題は残っています。周囲の音環境や聴力レベルによっては補聴器を装用しても充分な聞き取りができない場合があります。特に高度難聴以上の場合はそれが顕著になります。

音声は伝える距離が長くなるほど弱くなりますし、聞きたい音声よりも周囲の雑音が大きければ、聞きたい音声はかき消されてしまいます。また、反響音が多い場所なども補聴器が苦手とするところです。中等度難聴であれば、補聴器の装用でフォローできる場合も多いですが、高度難聴以上になるとなかなか難しいのが現状です。

SN比を向上させよう

言葉の聞き取りをよくするためには、聞き取りたい音声(シグナル)を必要ない音声(ノイズ)より大きく聞こえる状態にすることです。これをSN比といいます。

高度難聴以上になってくると補聴器を装用していても、周囲が騒がしい、複数人での会話、会話相手との距離が離れているなど環境が悪化すると、SN比が下がり聞き取りが非常に悪くなります。補聴器の性能が飛躍的に向上した現在でもクリアできない難しい部分です。

聞こえの拡張

そんな時の解決策としてあるのが補聴援助システムです。補聴援助システムとは、テレビの音声やマイクの音声を無線で飛ばし、補聴器から直接音声を聞くことができるもので、周りがうるさかったり、会話相手が離れていて聞き取りにくい状況でSN比を上げてくれるシステムです。

昔からあるものとして、赤外線、FM、磁気ループなどがあります。これらのシステムは一長一短ありますが、一定の効果を上げていました。

システムからアクセサリーへ【進化した無線機能】

そんな中で、この補聴援助システムにもテクノロジーの変化が訪れました。それが2.4GHzワイヤレスやBluetooth搭載の補聴器です。音声の遅延が少なくバッテリーの消費も抑えられ、とても実用的です。一番の利点は中継器や受信機の装着が必要ないことです。

従来のシステムは、マイクなどの送信機、中継器(首に掛けるなど身に着ける必要がある)、受信機(補聴器に装着する)が必要で、使い勝手や見た目が悪くあまり人気がありませんでした。

しかし、最新の補聴器は受信機が補聴器に搭載されているため中継器が必要なく、特別な操作も必要ないのでとても簡単に利用することができるのです。

ちなみにスマホなどのBluetooth機器との連携も可能となっているのでスマホで補聴器を操作することも可能です。ユーザーはマイクやテレビアクセサリーを追加購入するだけで良いのです。

テレビのボリュームは小さいままでハッキリ聞き取りたい。散歩など屋外でパートナーとの会話を楽しみたい。会議や会合で聞き逃しを無くしたい。補聴器だけでは解決できないときは専用のアクセサリーで聞こえをグレードアップしてみてはいかがでしょうか。

テレビアクセサリー

中・高・重の難聴におススメ

テレビに専用機器を接続し音声を無線で送信、テレビの音声が補聴器から直接聞こえるので臨場感のあるハッキリした音声でテレビを楽しめます。

補聴器が自分専用のテレビスピーカーに早変わり!テレビのボリュームはご家族に合わせてご使用いただけます。

マイクアクセサリー

高・重の難聴におススメ

専用マイクで拾った音声を無線で送信、周りがうるさくても距離が離れていてもハッキリ聞き取れます。

離れた相手との会話も雑踏の中の会話もハッキリ聞き取ることができます。

メーカー別価格表(税込み)

 メーカー商品名価格
テレビGNリサウンドテレビユナイト38500円
シバントスストリームラインTV30800円
フォナックテレビコネクター22000円
マイクGNリサウンドマイクユナイト38500円
GNリサウンドマルチマイク55000円
シバントスストリームラインマイク55000円
フォナックパートナーマイク52800円

ミラックスにご相談ください

補聴器専門店ミラックスでは補聴器のレンタルはもちろん、テレビアクセサリーやマイクアクセサリーのレンタルも承ります。

【通販で買えるお手ごろ補聴器】 

シグニア補聴器 インティス3【軽度~中等度、高音低下向け】3つのプログラムを付属のリモコンで切り替え!

詳しくはコチラ


補聴器専門店地域実績第1位