聞き取りやすい声と聞き取りにくい声の違いとは?

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2020年12月23日 by 補聴器専門店ミラックス

聞き取りやすい声と聞き取りにくい声の違いとは?

 会話をしていると、相手の声が聞き取りやすい場合とそうでない場合があると思います。これは、健聴者でも難聴者でもあることだと思います。

 聞き取りやすさのポイントは、大きさ、速さ、滑舌です。「大きく、ゆっくり、ハッキリ」と話してもらうと、とても聞き取りやすくなります。

 

音量

 お客様から「女性の声が聞き取りにくい、特に〇〇さんの声が聞き取りにくい。だから私は高い音が聞こえていないと思う」というようなことを言われることがあります。決して間違ってはいないのですが、根本原因は、単なる声量の不足だったりもします。そこに、難聴による聴力低下が重なって、聞き取りにくくなるというわけです。

 人間の可聴域は20Hz~20000Hzですが、会話の中心となる周波数は200Hz~4000Hzです。聴力測定で検査する周波数帯域は、125Hz~8000Hzで、その値を元に補聴器の調整をしていきます。1KHz以下の音圧レベルが強い部分は「母音」で、2KHz以上の音圧レベルが弱い部分は「子音」が多く含まれます。

 1KHz以下の低音域が低下すると、音量感が損なわれ、2KHz以上の高音域が低下すると、言葉の明瞭度が低下します。これに男女の差はありません。

 ですから、高い声の女性でも、声量が充分であれば聞こえに問題が出ることはありません。

 

速さ

 「ニュース番組は聞こえるけど、バラエティー番組は聞き取りにくい」という声も良く聞きます。NHKのアナウンサーは、1分間で300文字を伝える訓練をしているらしいのですが、1分間で300文字は、結構ゆっくりなスピードです。実際にそのスピードなのかは疑問ですが、アナウンサーが意識して話していることは間違いありません。一方のバラエティー番組は、BGMや笑い声などが重なっていいることに加えて、まくし立てるように話して場を盛り上げることが求められていますので、自然と話すスピードは速くなっていきます。

 長く生きていれば、体や脳の機能は衰えてきます。そこに難聴で聴力が低下していると、脳に伝わる音の情報量が少なくなるので、早く話されると余計に内容がわかりにくくなるのです。

 

滑舌

 私は、ドラマや映画を観ていて、勝新太郎や阿部寛のセリフが聞き取りにくいと感じたことが何度もあります。難聴者はなおさら聞き取りにくいのではないでしょうか。しかし、だからといって勝新がハキハキ話していたら勝新ではなくなってしまいますので、そこに文句はありません。

 滑舌は、発声の仕方が上手くいってないわけですが、会話の相手に面と向かって注意するわけにもいかないので、なかなか厄介な問題です。モゴモゴとした話し方は口がきちんと開いていないのでこもった聞こえ方になり、とても不明瞭です。これは、相手がマスクをしている状態に近いものがあります。マスクをしていると、高音域の周波数が吸音されてしまい言葉の明瞭度が損なわれてしまい、聞き取りにくくなります。そこへ難聴で聴力が低下していると、さらに聞こえは不明瞭になってしまうのです。

 

対策

 まずは、聞き取りにくい原因が自分にあるのか相手にあるのかを確認すると良いでしょう。相手に原因がある場合は、他の人も聞き取りにくいのであまり気にする必要はありません。しかし、自分が難聴であることがわかっているのならば、相手に求めるよりも自分ができる対策をしましょう。その方が、円滑なコミュニケーションを取ることができ、人生がより豊かになります。自分の聞こえに自信がなくなったら補聴器の購入を検討しましょう。


補聴器専門店地域実績第1位