【価格帯別】小さい耳穴型デジタル補聴器のおすすめ3機種

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2020年12月23日 by 補聴器専門店ミラックス

【価格帯別】小さい耳穴型デジタル補聴器のおすすめ3機種

超小型耳穴型補聴器とは

補聴器の種類には大きく分けると、耳掛け型と耳あな型があります。

そして、耳掛け型には3~4種類の形があり、耳あな型には5~6種類ほどの形があります。形の違いは主にパワーの違いによるところが大きいですが、機能面で違いが出ることもあります。

超小型耳あな補聴器は、耳の穴の中に補聴器本体がすっぽりと入るため、外見が目立ちにくいのが特徴です。小さく作成しているため機能は限られることが多く、ワイヤレスなどは搭載されていないことがほとんどです。

お手ごろな耳あな補聴器についてはこちら

耳あな型はメガネやマスクと干渉しないメリットがある

耳あな型補聴器は、目立たないという他にも、メガネやマスクと干渉しないので脱落の心配が少ないという面もあります。耳あな型は耳型を採取するので簡単に耳から脱落することはありません。

耳あな型は慣れるまで違和感があることが多い

耳あな型のデメリットの1つとして、装用時の違和感が挙げられます。耳の穴をふさぐ形になるので、初めのうちはこもった感じで聞こえることがあります。また、自分の声が普段と違って聞こえてくるため、慣れる期間が必要になってきます。

耳あな型のメリット・デメリットを詳しく見る

価格帯別おすすめの超小型耳あな補聴器

補聴器は価格帯がとても幅広いアイテムです。

ここでは、5つの価格帯に分けて、それぞれのおすすめ機種をご紹介します。

補聴器用電池の中で一番小さい電池「10A」「PR536」電池を使用するタイプの補聴器です。

15万円以下

メーカーモデル名片耳価格両耳価格備考
シグニア1PX¥140,000¥280,000
GNリサウンドエンヤ3¥120,000¥240,000紛失保証あり
フォナックヴィータス+¥128,000¥192,000IP68防水・両耳割引あり

◆この価格帯のおすすめはシグニア補聴器の「1PX」プライマックスです。

シグニア補聴器の前身はシーメンス補聴器というメーカーで、技術的な部分はシーメンスから引き継がれています。

1PXはシグニア補聴器のバリュークラスの補聴器で、搭載されているチップは比較的新しいです。小型CICタイプは通常、一番小さい10A電池を使用しますが、一つ大きいサイズの312電池を選ぶことができるので、電池のランニングコストを抑えることができます。

※2020年2月よりフォナック補聴器のヴィータス+に両耳セット価格が登場しました。チャンネル数は少なめですが、コストパフォーマンスにすぐれています。

シグニア補聴器について見る

20万円以下

メーカーモデル名片耳価格両耳価格備考
シグニア2PX¥180,000¥360,000
GNリサウンドリンクス3D5E¥190,000¥342,000紛失保証あり・両耳割引あり
フォナックバートB30¥188,000¥376,000IP68防水

◆この価格帯のおすすめはGNリサウンド補聴器の「リンクス3D-5E」スリーディーです。

GNリサウンド補聴器はデンマークに本社があるメーカーです。

リンクス3D-5Eはこの価格で紛失保証が付いています。また、CICタイプよりもさらに小型のIICタイプを選ぶことができます。

GNリサウンドについて見る

30万円以下

メーカーモデル名片耳価格両耳価格備考
シグニア3NX¥290,000¥580,000
GNリサウンドリンクス3D7E¥260,000¥468,000紛失保証あり
フォナックバートB50¥280,000¥560,000IP68防水

◆この価格帯のおすすめはシグニア補聴器の「3NX]エヌエックスです。

3NXは2020年2月現在で最新のチップを搭載したシNXリーズのスタンダードクラスです。CIC、IICを選ぶことができます。

シグニア補聴器のNXシリーズについて詳しく見る

40万円以下

メーカーモデル名片耳価格両耳価格備考
シグニア5NX¥380,000¥760,000紛失保証あり
GNリサウンドリンクス3D9E¥390,000¥702,000紛失保証あり・両耳割引
フォナックバートチタンB70¥390,000¥780,000IP68防水・チタンシェル

◆この価格帯のおすすめはフォナック補聴器の「バートチタンB70」です。

フォナック補聴器はスイスに本社があり、ソノヴァグループ全体で世界シェア1位の補聴器メーカーです。

バートチタンB70は、従来のアクリル樹脂製シェルの代わりにチタン素材を採用し、軽く、強く、小さくなっています。また、防水性能に優れ、防水・防塵の規格はIP68となっています。

フォナック補聴器について見る

50万円以上

メーカーモデル名片耳価格両耳価格備考
シグニア7NX¥530,000¥1,060,000紛失保証あり
GNリサウンドリンクスクアトロ9¥520,000¥936,000紛失保証あり・両耳割引・ワイヤレス
フォナックバートチタンB90¥550,000¥1,100,000IP68防水・チタンシェル

◆この価格帯のおすすめはフォナック補聴器の「バートチタンB90」です。

フォナックのバートチタンについて詳しく見る

 


補聴器専門店地域実績第1位