片耳難聴の人のためクロス補聴器とは?

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2020年12月23日 by 補聴器専門店ミラックス

片耳難聴の人のためクロス補聴器とは?

片耳に難聴がある人は珍しくありません。相手が言わない限り気が付かないことの方が多いと思います。

片耳の難聴はかなり一般的な病気です。ムンプス難聴や突発性難聴などがあり、 生まれつきの場合も、後天的な場合もあります。

片耳の難聴者は、電車内などの騒音の多い場所で会話を聞き取ることや、音の方向を察知することが難しくなります。ですから、片耳難聴者はそういった環境で話しかけられても大概の場合は、内容をよく理解できなくて不便を感じています。

突発性難聴

後天性の片耳難聴(中途失聴)に「突発性難聴」があります。国内の突発性難聴の患者数は年間約7万5000人。そのうち元通りに回復するのは、わずか3分の1とも言われています。発症後、治療の甲斐もなく片耳の聴力を失ってしまう人も少なくありません。一般的には40~60代に多く見られ、男女差はないといわれています。

突発性難聴の原因には二つの説があります。

一つは血液の巡りが悪くなっていること。もう一つはウイルス感染説です。突発性難聴を発症する人の背景をみると、必ずストレスを抱えていたり、寝不足、疲れなど、無理な生活をしている場合が多いです。

芸能人にも突発性難聴を患ってしまい、ニュースのトピックスに上がることもたびたびあります。突発性難聴の場合、残念ながら必ず治る治療法は今のところ見つかっていません。

片耳難聴は誤解されやすい

片耳の難聴は気づかれにくいので、周りにあらぬ誤解を受ける場合があります。

聞こえていない方向から話しかけられても気が付かなくて、意図せず無視してしまい相手に嫌な思いをさせてしまったり、電車の中で会話をしようにも、なかなか内容が理解できなくて何度も聞き返してしまい会話が尻つぼみになったりします。

相手に聞こえていないことを伝えれば済む話ですが、全ての人に伝えるのはかなりの労力が必要となります。

クロス補聴システムという選択肢

CROS補聴システム(Contralateral Routing Of Signals)という片耳難聴者向けの補聴器があります。これは、補聴器型の送信機が聞こえない側の耳で音を集めて、聞こえる耳側の補聴器に転送して聞くシステムです。聞こえている側の耳が難聴でも難聴でなくても使用できます。

特に現役で仕事をされている方は、聞こえないことで被る不利益のことを考えると、こういったシステムを活用することはとても可能性が広がるように思います。

◆片耳がほぼ健聴の場合

クロスシステム

補聴器からはクロスから転送された音声が聞こえ、同時に耳栓を通して外科医の音声も聞こえます。

◆片耳に難聴がある場合

バイクロスシステム

補聴器はクロスから転送された音声と外科医の音声をミックスし、増幅して届けます。

シグニア補聴器

シグニア補聴器からは耳掛け型のクロス補聴器がラインナップされています。電池式と充電式があり、充電式は充電器が必要なため少し割高になりますが、電池交換の手間がなく、ランニングコストを抑えることができます。

製品名価格(税抜き)備考
クロスPure Charge&Go100,000円別途充電器が必要
クロスPure 312NX90,000円
クロスPure90,000円

フォナック補聴器

フォナック補聴器は耳掛け型と耳あな型の両方をラインナップしています。充電式は耳掛け型のみとなっています。

製品名価格(税抜き)備考
クロスB-R110,000円別途充電器が必要
クロスB95,000円電池2種類あり
クロスBカスタム120,000円耳あな型、電池2種類あり

補聴器専門店地域実績第1位