難聴の種類と原因【伝音難聴】

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2021年2月26日 by 補聴器専門店ミラックス

難聴の種類と原因【伝音難聴】

伝音難聴とは

 伝音難聴はまずは治療が優先されます。治療後、必要に応じて補聴器の装用をします。外耳から中耳で問題が起こる難聴。音量に対する感度が悪化、小さな音が聞こえにくくなります。骨導聴力は良好なので自分の声は良く聞こえます。

 

いろいろな聴力型はこちら

 

伝音難聴の種類・原因・治療法

外耳道閉鎖がいじどうへいさ
症状外耳形成不全。外耳道が骨性、または軟骨部組織によって閉塞、狭窄します。小耳症、中耳奇形を伴う例が多い。
原因先天的発達障害
治療外耳道形成術。言語獲得期には早期に骨導補聴器を使用する方が良い。
外耳道異物がいじどういぶつ
症状外耳道に異物を感じる。外耳道炎、耳漏、耳痛がある場合がある。
原因外耳道に異物が入り残ります。
治療耳鼻科にて除去
耳垢栓塞じこうせんそく
症状耳あかで耳道を塞いだ状態。耳閉感、耳鳴りを伴う場合もある。気が付きにくい。
原因外耳道の皮膚が剥がれ落ちたものと分泌物や埃などが混ざって固まり閉塞する。
治療耳鼻科にて除去
耳管狭窄症じかんきょうさくしょう
症状耳管が開きにくくなり、中耳腔が気圧調整障害、換気障害、排せつ障害を起こすもの。耳がつーんとして聞こえが悪化する。耳閉感がある。
原因鼻や喉の疾患によるもの。
治療疾患の治療。慢性化したものは耳管通気治療がある。
急性中耳炎きゅうせいちゅうじえん
症状発熱、耳痛があり、膿の耳漏が出ます。
原因インフルエンザ菌などウイルスが耳管を通じて中耳腔に入り感染します。
治療抗生物質の投与。または鼓膜切開で膿を抜く場合もある。
滲出性中耳炎しんしゅつせいちゅうじえん
症状痛みはなく、耳閉感を伴う場合がある。
原因中耳腔粘膜から出た粘液が中耳腔に溜まってしまう。3~8歳児に多い、発育により自然に治る。
治療鼓膜を切開して粘液を出す。鼓膜にチューブを通したり、耳管通気、内服薬で済む場合もある。
慢性化膿性中耳炎まんせいかのうせいちゅうじえん
症状難聴と耳だれ。鼓膜に穴が開いているため悪くなっても痛みはない。
原因急性中耳炎が完治せず慢性化したもの。または細菌感染症。耳小骨連鎖が解けることもある。
治療鼓膜形成術を行い、病巣を除去後、耳小骨連鎖を再建。耳型採取や補聴器の装用は耳鼻科医への相談が必要です。
真珠腫性中耳炎しんじゅしゅせいちゅうじえん
症状初期は軽度難聴。痛みはないものの、臭い耳誰が出ます。
原因鼓膜周辺に袋状の穴ができ、中に角質化した鼓膜上皮がたまって真珠腫となる。進行すると炎症を引き起こし、耳小骨を破壊、顔面神経痛や脳腫瘍などを引き起こします。
治療鼓膜形成術を行い、病巣を除去後、耳小骨連鎖を再建。耳型採取や補聴器の装用は耳鼻科医への相談が必要です。
外傷性鼓膜穿孔がいしょうせいこまくせんこう
症状耳鳴り、耳痛、出血、耳漏などを伴う。
原因耳かきや衝撃で引き起こされます。
治療鼓膜形成術、代用皮膚剤。
外傷性耳小骨連鎖離断がいしょうせいじしょうこつれんさりだん
症状スポーツや事故などで引き起こされます。
原因頭部外傷による耳小骨連鎖の離断。
治療鼓室形成術。
耳硬化症じこうかしょう
症状耳鳴りと難聴が徐々に進行します。両側性。
原因アブミ骨底板が周辺が周辺の骨と固まりアブミ骨の動きが鈍くなる。遺伝性。
治療アブミ骨手術。

伝音難聴は治療で改善できることが多いです。まずは耳鼻科で診てもらいましょう。

感音難聴の種類と原因はコチラ


補聴器専門店地域実績第1位