支援法における補装具の支給基準額の改定

ミラ夫とミラ子の笑顔

 新年度である4月はいろいろな法改正が行われます。補聴器関連では障害者総合支援法における補装具の支給基準額が改定されました。

 

 聴覚障害等級は6級・4級・3級・2級の4段階に分かれていて、2、3級が重度難聴用の補聴器、4、6級に高度難聴用の補聴器が支給されます。

 

名称改定後価格改定前価格
重度難聴用耳掛け型補聴器¥71,200¥67,300
高度難聴用耳掛け型補聴器¥46,400¥43,900
イヤモールド交換¥9,500¥9,000

 

 ちなみに支給される補聴器は、高度難聴用と重度難聴用ともに耳掛け型がメインで、ポケット型や耳穴型の支給はほとんどないのが現状です。

 

補聴器の助成や補助についてはこちら

 

※身体障害者手帳の交付についてはお住まいの障害福祉課にお問い合わせください。

(Visited 149 times, 2 visits today)