難聴の予防と治療

シグニア補聴器の新しい既製耳あな型補聴器が新登場!

超小型の「Silk X」イヤホン型の「アクティブ・プロ」と「アクティブ」

詳しく見る

 


 

Last Updated on 2020年12月23日 by 補聴器専門店ミラックス

難聴の予防と治療

聞こえが悪くなってきて普段の生活に少しずつ支障をきたし、このまま聞こえにくい状態を放っておいて良いのか、何か対策はあるのか悩むところだと思います。

「治療」というと、思い浮かべるのは、薬の服用、手術、鍼灸、漢方薬、セラピーなどで抱えている症状が和らいだり、無くなることを差します。

では、難聴は治るのでしょうか。

その答えはケースバイケースです。つまり、治療が可能な難聴と、治療が不可能な難聴があるということです。

難聴とは、音が聞こえにくい状態のことですが、健聴者が難聴を体験するには、耳を耳栓や指などで塞いでしまえば疑似体験できます。難聴をイメージするには良い方法だと思います。しかし、疑似体験ができない難聴もあります。それは、言葉の誤認識、聞き間違いによる聞こえの問題です。「かとうさん」を「さとうさん」と聞き間違えたり、「7時」を「1時」に聞き間違えたり、音は聞こえているのに意味がまるで違う。これがもう一つの難聴です。この言葉の聞き取り能力のことを「語音弁別能」といいますが、言葉の聞き間違いは個人差があり、その正解率が低いと会話自体が非常に困難になります。この問題は、耳の蝸牛と言われる器官の中にある有毛細胞の損傷によって引き起こされます。ダメージを受けた有毛細胞は元に戻ることはありませんので、弁別能が落ちてしまうと非常に厄介です。

難聴の種類

難聴には伝音性難聴、感音性難聴、混合性難聴の3つがあります。治療が可能なのは、主に伝音性難聴で、中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎、鼓膜穿孔、耳垢栓塞などがあり、これら外耳道から中耳にかけて問題がある場合は治療や手術が必要で、治る可能性があります。

加齢性難聴や騒音性難聴、過去に突発性難聴を患った場合などの感音性難聴は、有毛細胞の損傷が原因なので、残念ながら今のところ治療の方法はなく補聴器の装用が必要になってきます。

ただし、突然聴力が低下する突発性難聴の場合は、発症後、医療機関によるできるだけ早い処置が必要となります。また、重度感音性難聴等の場合は人工内耳を検討しても良いでしょう。

混合性難聴は伝音性と感音性を併せ持った難聴で、症状に応じた治療、補聴器の装用が必要です。

難聴の予防

年齢を重ねるとともに体の機能は衰えていきます。どんなに優秀なアスリートもいずれは後進に道を譲る時が来るものです。残念ながら聴力も例外ではありません。一般的に人の聴力は20代くらいまでは20Hz~20000Hzほどの可聴域がありますが、加齢によってその可聴域は徐々に縮小されていきます。特に高い周波数から聞こえにくくなる傾向にあります。長く現役を続けるベテランアスリートがいるように、日々のケアによってパフォーマンスレベルを維持することは可能です。

それは難聴も同じです。

加齢性難聴などの感音性難聴は蝸牛の内耳に問題が生じるために起こります。イヤホンで大きな音を出してテレビを見ないようにしたり、工場など騒音下で仕事をするときは耳栓をするなど、耳にやさしい生活を送ることが予防につながります。そして、難聴になってしまった場合も、補聴器を装用して聴力(弁別能)の維持を心がけることで一生現役でいられるのです。


補聴器専門店地域実績第1位